夏休みにグローバル人材になる。海外インターンを超える超実践型インターンシッププログラム 留学やMBAじゃない。実際の体験を積む海外インターンシップ「ミッションチャレンジ」 海外インターンを超える「ミッションチャレンジ方式」で、海外で働くを実現する。
 

01 海外で働く力

グローバル人材を目指すなら、アジア新興国が一番。

 

新興国の中でも将来性NO.1のベトナム。

「アジアの時代」と呼ばれる現在、多くの日本企業がこぞってアジアを中心とした新興国に進出しています。
そして、日本企業の多くが挙げる進出先の1つがベトナムです。
既に多くの大企業をはじめ、中小企業も進出しています。2025年までの「世界都市別平均経済成長率」でハノイが1位、ホーチミンが2位とNO.1の将来性です。

2025年までの「世界都市別平均経済成長率」でハノイが1位、ホーチミンが2位

02 プログラムの特徴

海外インターンを超える究極のグローバル人材育成プログラムです。

 

新興国でのビジネス経験が、あなたのグローバル力を引き出す。

グローバルでビジネスが出来る人材になるには、従来の「ただの語学研修」や、一部の幹部のための「MBA留学」、あるいは自社の現地法人での実習では難しいのが現状です。
「ミッションチャレンジ」は、普通の海外インターンシップではなく、本物のビジネス経験が積めるグローバル人材育成プログラムです。

いまのうちにアジアの新興国で研修を積むことは、欧米各国で留学や海外インターンシップを経験するよりも、遥かに価値があると考えます。いままでの方法では体験できない、過酷とも言える、しかし本物の経験を積むことが出来ます。

グローバル人材を育成する新しい方法
 
体験者インタビュー
ミッションチャレンジ2012説明会はこちらへ