HOME >>  スタッフより > 【スタッフより】~海外で働くためには?~
 
 

【スタッフより】~海外で働くためには?~


 

海外就職を目指す方も多いかと思いますが、実際に海外就職にはどのような方法があるのでしょうか。そんな海外就職の方法について解説します。

 images

海外駐在
海外にも展開している日本企業に就職し、海外駐在員として派遣される海外就職の方法です。この方法は、駐在員に決まれば手続きなどは会社が全てやってくれる場合がほとんどですので、渡航への自己負担がほとんどありません。また、海外駐在中は通常の給与プラス駐在手当がつきますので、日本にいる時よりも裕福といえるような生活を送ることができる場合が多いです。
一見、優雅な生活が期待できそうな海外駐在ですが、当然デメリットもあります。まず海外駐在の可能性がある日本企業に就職できても、必ず海外駐在員に選ばれる訳ではありません。また選ばれるまでに数年以上かかりますし、自分の希望通りの駐在先に行かれることはほとんどありません。駐在先はあくまで企業が決めるのです。また、晴れて海外駐在員となっても、現地に駐在する期間はまちまちで、多いのが1~2年といったところです。海外駐在員は永住できませんので、海外就職を2年以上の長い期間で考えている場合は、注意が必要です。

<参考情報>
海外いろは・・・「海外赴任ガイド」内で海外駐在ニュースやトピックスなどを紹介

 

海外で現地採用就職
実際に海外に赴き、現地企業あるいは外資企業(日本企業含む)に現地採用として働く海外就職の方法です。この方法は、実際に海外の現地で就職し、現地人とほぼ同等の条件で働きます。この場合、一番のポイントはお給料が現地基準になるということです。大抵の場合、日本で就職するよりも安いお給料となります。但し、現地で生活するには困らないだけの額であることがほとんどでしょう。企業によっては、日本国内で採用し、”現地採用雇用”という条件をつけて、海外オフィスへ勤務させる場合や、海外駐在員から現地採用へと切り替えて、現地に残って働き続けられる場合も、ごく稀にあります。現地採用の場合には、会社が雇用を続ける限り、その国に滞在することができます。

<参考情報>
Woman exciteライフプランニング・・・現地採用について


海外で起業

海外でいきなり起業してしまう、つまり自分の会社を立ててしまう海外就職の方法です。この方法は、自分のやりたいこと・関心のあることで仕事を始めることができ、起業する先の国も条件を満たせるのであれば、自分で選ぶことができます。但し、この方法には入念な準備が必要です。国によって様々ですが、起業するための各種条件を満たしていなければなりません。必要書類も揃え、それなりの資金も必要となります。現在は、海外起業のためのセミナーや個別相談、海外視察ツアーを実施している機関・企業がいくつもありますから、そういったところからまずは情報収集を始めることができると思います。

海外就職にも種類がありますが、それぞれ自分自身の目的に合う方法を選ぶことが重要だと思います。そのためにはまず、海外就職して何を実現したいのかという目標意識を具体的に持つこと、そしてその目標に向かって必要な準備を積むことが大切ではないでしょうか。

<参考情報>
海外移住情報・・・海外起業・投資移住の基礎知識

週末アジア視察団・・・週末を利用したアジア諸国への視察プログラム

 

いかがでしたでしょうか。海外インターンを超える実践型研修「ミッションチャレンジ・プログラム」の無料説明会は随時開催されています。

詳しくはこちら:http://mission-challenge.com/mcp/sestuform.html

 

「ミッションチャレンジ・プログラム」のお問合せ

株式会社JIN-G 
TEL:03-6427-3064 
FAX:03-6427-3330
e-mail:welcome@jin-g.com
HP:http://jin-g.com
〒107-0061 東京都港区北青山3−8−4 サンテックス岡本303

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

執筆者のご紹介

jimukyoku



 
 
ミッションチャレンジ2012説明会はこちらへ